京王線/世田谷線下高井戸駅周辺の皮膚科なら、下高井戸駅前皮膚科クリニックへ。アトピー、いぼ、にきびなど

お問い合わせはこちら

ご意見・お問い合わせ
大人の皮膚病

アトピー性皮膚炎

当院からのメッセージ

アトピー性皮膚炎は子どものころから発生し、人によっては長引く皮膚の病気です。お顔や首など見えるところが赤くなったり、強いかゆみが続いてつい引っかいたりしてずいぶんとお辛いでしょうね。

当院ではアトピー性皮膚炎でお悩みの患者様に、できる限りの皮膚科専門医ならではの治療を提供して、少しでも快適な生活を送っていただけるようにお手伝いをさせていただきます。アトピー性皮膚炎は長い目で見ればいずれ症状が出なくなっていきます。希望をもっていただければと思います。

また、家事やお仕事が忙しく通院できなかったり、時間が無くて塗ることできなかったり、塗っているのに良くならなかったり。。。こんな時は一度だけでもクリニックまでおいでください。塗り方のアドバイスや治療の大切さをお話ししたいと思います。

そして、ステロイドが不安な患者様。ご不安はごもっともですが、まずは「正しい医学情報」を聞いてみませんか?その上で、ご納得のゆくアトピー性皮膚炎の治療を行っていきます。

アトピー性皮膚炎は不安や悩みが大きい病気です。患者様がニコニコと笑っていただけるようにご一緒に治療のお手伝いをさせていただけませんか?

アトピー性皮膚炎とは

子供のころから始まる全身の湿疹の一種です。皮膚が乾燥して、赤くなったり、痒くなったりを繰り返します。

原因

もともとアレルギーを起こしやすい体質、皮膚のバリア機能が弱くなっているなどの「アトピー性皮膚炎になりやすい体質」に、ホコリ・ダニアレルギー、ひっかくことによる刺激、汗や化学物質など環境の様々な刺激が加わってアトピー性皮膚炎になります。家族や本人にアレルギーの病気(アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息など)がみられることが多いです。

皮膚の乾燥について

皮膚の保湿は、皮膚の表面になる皮脂・皮脂膜、角質層にある天然保湿因子(NMF)、角質細胞と角質細胞の隙間を埋めている角質細胞間脂質(セラミドなど)などの成分によって守られています。アトピー性皮膚炎の患者様はこの成分が不足するなどにより、皮膚が乾燥しバリア機能に異常を起こすことにより発疹が悪化すると言われています。十分な保湿ケアが大事です。

健康皮膚 乾燥皮膚

症状

アトピー性皮膚炎は幼少時から顔い皮膚炎が発生して、次第に全身へ広がってゆきます。小学生以降は関節部分(首、ひじ、ひざ)に強い皮膚炎が見られます。皮膚炎はひどくなるほど分厚くなり、放置しておくと黒くなってきます。全年齢を通じて、かゆみがあり、全身の皮膚は乾燥しています。10歳前後までには落ち着くことも多いのですが、近年、小学生以降に発生するアトピー性皮膚炎が増えています。

診断

アトピー性皮膚炎の診断はいくつかの症状を総合的に考えて行います。それぞれの年齢に応じた特有の症状、数か月以上(普通は6か月以上、乳児は2か月以上)の期間症状が繰り返している、アレルギー素因などでアトピー性皮膚炎の診断をします。

検査

  • 血液検査(保険適応)にて原因となりうるアレルギー物質を調べたり、アトピー性皮膚炎の重症度を調べることができます。ご希望の方は、医師やスタッフまでお申し出ください。
  • パッチテスト(保険適応)にて、化学物質に対するアレルギーの有無を調べることができます。

治療の目的

アトピー性皮膚炎は通常は小学生期におちつくことが多いのですが、成人になっても続いていたり、成人になってから発生する場合もあります。しかし、長い年月がかかるものの、いずれは症状が落ち着くことも多く、その日がくるまで適切な治療で辛い症状をコントロールすることが一番重要なポイントです。また、日常生活でも保湿などのスキンケアで維持・予防をすることも重要です。

治療

アトピー性皮膚炎の治療は保湿と外用薬が主体です。他にアレルギーの内服(抗ヒスタミン薬)、漢方薬、免疫抑制薬などもあります。

外用薬

  • ステロイド外用薬 アトピー性皮膚炎の治療の基本はステロイドの外用です。ステロイド外用による治療のポイントは、その時の症状にあったステロイドを選ぶこと、ステロイドの塗り方を適切にすること、(アトピー性皮膚炎の治療は長い期間になりますので)副作用を出さないようにすることなど、専門的な経験と知識が必要になります。
  • 免疫抑制剤外用薬(タクロリムス) 免疫を調整する「ステロイドでは無い外用薬」です。ステロイドに対して抵抗のある患者様や、ステロイドを長期間塗りにくい顔などの部位などに用いられます。特有の刺激感があるので、専門医師による治療が必須です。
  • 保湿剤 弱った皮膚のバリア機能を補います。アトピー性皮膚炎の予防に大切です。

内服薬

  • 抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬) 内服により痒みが楽になります。また、アトピー性皮膚炎に合併することがある花粉症にも効果があります。
  • 漢方薬 一部の漢方薬には体質改善(内側から治す)的な作用があります。
  • 免疫抑制剤 ネオーラルなど。外用ではあまり良くならない重いアトピー性皮膚炎の方に使われます。
  • 紫外線治療 ナアローバンドUVB、エキシマライトなど。外用ではあまり良くならない重いアトピー性皮膚炎の方に使われます。※当院にはございません。必要な場合は、最寄りの医療機関さまをご紹介いたします。

スキンケア

どんな病気でも発生してから治すより、予防して発生しないようにした方がよいですね。アトピー性皮膚炎の場合は、皮膚のバリア機能が弱っているため、放置しておくと外部からいろんな刺激やアレルギー物質が皮膚の中に入り込んできて、症状が悪化し、さらに別のアレルギーの発生につながることもありえます。そのため、毎日のスキンケアが大切です。

  • 保湿 アトピー性皮膚炎の患者様は、全身の皮膚が乾燥して、バリア機能が弱っています。病院で処方を受けた保湿剤などを、毎日塗ってお肌をしっとりさせましょう。
  • 掃除 空気中に浮遊しているアレルギー物質(ホコリ、ダニ、花粉、犬猫の毛など)によりアトピー性皮膚炎が悪くなることがあります。
  • 入浴 汚れもアトピー性皮膚炎の悪化につながりますが、洗浄のしすぎも肌にたいする刺激になります。低刺激性の石鹸を十分泡立てて優しく体を洗い、その後はしっかりすすぎましょう。
  • 室温 夏は汗でアトピー性皮膚炎が悪化することがあります。エアコンにて適宜な室温に調整しましょう。汗を大量にかいたあとは、着替えやシャワーで軽く流すとよいです。
  • 湿度 室内の乾燥は皮膚の乾燥につながります。また、湿度が高すぎるとダニ(アレルギー物質)の増殖につながります。湿度は50-60%がよいとされます。

治療のご案内

大人の皮膚病

  • アトピー性皮膚炎
  • にきび
  • 水虫・爪水虫
  • ウイルス性イボ老人性イボ
  • 手荒れ・接触性皮膚炎
  • 魚の目・タコ
  • ほくろ
  • 蕁麻疹
  • その他の大人の皮膚病

赤ちゃん子供の皮膚病

  • 小児アトピー性皮膚炎
  • 乳児湿疹(脂漏性皮膚炎・新生児にきび)
  • オムツかぶれ・あせも
  • 小児ウイルス性イボ
  • その他の小児の皮膚病

自費治療

  • AGA
  • ピアス
  • プラセンタ
  • シミ
インフルエンザワクチン

受付時間・アクセス

受付時間
午前
9:30~12:30
午後
15:00~19:00

△土曜は9:00~12:30の受付です。

医師勤務表
午前
9:30~13:00
前田 前田 前田 前田 前田
午後
15:00~19:30
前田 前田 前田 前田

休診日:日祝・水曜
△土曜は9:00~12:30の受付です。

住所:
〒156-0043
東京都世田谷区松原3丁目42-2
宍戸第一ビル3階 下高井戸駅前皮膚科クリニック
※ソフトバンク様の入っているビルの3階です。

京王線・東急世田谷線
下高井戸駅北口徒歩0分
※ソフトバンク様の入っている
ビルの3階です。

外観